身長を伸ばす方法はあるの?身長をグングン伸ばすポイントは

成長期

絶対に身長を伸ばす方法はありません。

しかし、身長を伸ばすためのポイントはあります。
第二次性徴期の成長スパート時に、ポイントを意識して生活するだけで、身長は変わってくるでしょう。

身長を伸ばすポイントは

身長に影響を与えると言われるのが「遺伝」「運動」「栄養」「睡眠」です。

遺伝や家系は、親からの贈り物なので、いまからはなにも出来ませんね。

しかし、あまり遺伝は影響が少ないと言われています。
背の低い両親から、高身長のお子さんがいたりしますからね。

影響はあると思いますが、関係ない方もいます。
身長に影響を与える遺伝や家系は、25%ぐらいと言われています。

残りの75%は、「運動」「栄養」「睡眠」になるので、普段の生活環境で決まることになります。

運動・栄養・睡眠が大切なポイント

体を成長させるためには「運動」「栄養」「睡眠」がポイントになります。

運動

運動は、とても大切です。
身長が伸びる時は、骨も肉も内蔵も大きくなります。
その骨を成長させるためには、骨に刺激を与える必要があるからです。

運動により刺激された骨は、骨端線(こったんせん)にある軟骨部分が増殖するからです。
骨を成長させるために、運動は必要なんです。

栄養

栄養は、とても大切です。
身長が伸びる時は、骨も肉も内蔵も大きくなります。
体全体を作るためには、たくさんの栄養が必要です。
偏った栄養ではなく、バランスよくいろんな栄養が必要になります。

成長期になると、食事の量が増えます。
10代はたくさん食べてもすぐに消費されていくので、食べ過ぎなぐらいがいいですね。
偏った食事をしていると、横に増えることもありますので気をつけてください。

睡眠

睡眠は、とても大切です。
身長が伸びる時は、骨も肉も内蔵も大きくなります。
体全体を作るタイミングが、寝てる時になります。

睡眠時間・寝るタイミングが大切です。
よくゴールデンタイムの22時~2時は、ぐっすりと寝ていないと言われてます。
この時間から寝ていて、合計で8時間以上寝る方がいいです。

少しでも身長を伸ばしたい場合は、もっと睡眠時間を長くしたほうがいいですね。

高身長のお子さんがいる親御さんは、成長期はずっと寝ていた思い出があると言う方が多いです。
メジャーリーグの大谷翔平選手も、プロに入るまでは1日10時間寝ていたと、インタビューで答えています。

「寝る子は育つ」と言いますが、本当なんですね。

タイトルとURLをコピーしました